CSR

SCROLL 矢印
調査

社会の一員として、様々なCSR活動に取り組んでいます。

安全・安心への取り組み、環境への配慮、従業員の働きがいの向上、そして私たちらしい社会貢献の推進など、社会の中でニチレイロジグループの特性を活かした事業や活動を行うこと、それが私たちの存在意義だと考えています。

ニチレイの約束 〜接続可能な社会の実現に向けて〜

ニチレイグループは、食と健康を支える企業として事業活動を通じて
新たな顧客価値を創造し、社会課題の解決に貢献します。
また、経済的・社会的・環境的側面に配慮しながら事業活動に取り組み、
その活動をステークホルダーの皆様に広く公表し、理解と対話を深めてまいります。

新たな顧客価値の創造

新たな商品やサービスを創り出し、事業を通じてお客様および社会の課題を解決します

安全な商品とサービスの提供

高い品質と安全性を実現し、お客様の信頼を獲得します

持続可能なサプライチェーンの構築

持続可能なサプライチェーンの構築に努めます

環境負荷の低減

地球環境に配慮し、環境負荷を低減します

社会との共生

社会と地域コミュニティの一員として共に考え、行動します

働きがいの向上

働く人の多様性を尊重するとともに、個々の能力を最大限に発揮し活き活きと働ける環境を実現します

コーポレートガバナンスの充実

適切な資源配分や意思決定の迅速化に努め、公正かつ透明性の高い経営を推進します

コンプライアンスの徹底

ニチレイグループが事業を展開する各国の法令と社会規範を遵守し、倫理性を高めます

安全・安心への取り組み

  • マイスターコンクール

    マイスターコンクール

    職場内の安全やお客さま満足を含めた継続的な物流品質の向上を目的として、2007年度より開始しました。フォークリフトの運転技術を中心に、CS(顧客満足)面の評価やフォークリフトに関する学科試験などを通じて個々のレベルアップを図っています。

  • 安全品質研修センター

    安全品質研修センター

    「品質・環境・安全」を最優先の課題とし、現場作業における人身事故の撲滅と商品事故ゼロの達成を目指して開設しました。安全装備や荷役機器の正しい使い方など、必要な知識や技能を実際に体感・体験させることで重点的に教育し、安全や品質のさらなる向上に取り組んでいます。

  • ドライバーコンテスト

    ドライバーコンテスト

    商品のお預かりからお届けまで一貫して品質を守り、食の安全・安心を実現しつづけていくためには、商品やお客さまと直に接するドライバーの教育と、日頃の乗務に対する意識の向上が欠かせません。私たちは、このような取り組みを通じて不可欠のパートナーである協力会社とともに、グループ全体の物流品質の向上を目指しています。

環境対策

環境問題にしっかりと向き合い、省エネやCO2削減の取り組みなどを通じて
地球環境に優しい低温物流を目指しつづけています。

  • 輸配送での環境対策

    輸配送での環境対策 LED照明を採用

    共同配送やモーダルシフトなどを通じた効率的な物流の提案とその実現により、お客さまにとってより最適な物流の構築と環境負荷の低減を推進します。あわせて、環境配慮型車両の積極的な導入や整備の徹底、エコドライブの推進などにも取り組んでいます。

  • 物流センターでの環境対策

    物流センターでの環境対策 省エネ機器の導入(省エネ自然冷媒のアンモニア設備)

    省エネかつ環境負荷が小さい自然冷媒のアンモニア冷凍設備の導入を推進しています。また、高効率変圧器やLED照明機器などについても積極的に導入しています。

社会貢献の推進

社会貢献の一環として、地域の小中学生などを対象とした物流センター見学会や
地域清掃活動を行っています。これらの活動への積極的な参加を通じて、
低温物流が私たちの食生活に不可欠であることや食の安全・安心を守りつづけていること、
また社会の一員として地球環境を大切にしていることなどをお伝えしています。

  • 社会貢献の推進
  • 社会貢献の推進
  • 社会貢献の推進

働きがいの向上

私たちが目指す「お客さま満足度の向上」を実現しつづけていくためには、一番大切な原動力である従業員一人ひとりの満足度や働きがいの向上が最も重要だと考えています。
その中で、組織の活性化や個々人のモチベーションアップに向けた取り組みとして、お客さま満足度の向上に寄与した従業員を社内表彰する制度である「選ばれつづける仕事賞」を設置しています。さらに、従業員満足度(ES)調査を実施し、よりよい職場環境づくりに向けて取り組んでいます。
また、2016年2月には、グループ初の女性フォーラムとなる「咲カセル ロジ女フォーラム」を開催しました。当社グループでは、女性を含めた人材の多様性を進化させることなくして今後の社会や生活者の変化に対応した物流企業としての持続的成長は実現できないと考えています。
これからも、社員の意識改革や企業風土・制度改革などを通じて、より女性が活躍できる企業への変革を目指します。

  • 働きがいの向上
  • 働きがいの向上